仕事をサボってばかりの人にイライラしないための考え方
スポンサーリンク

自分は真面目に仕事をしているのに、同僚や先輩が仕事をサボってばかりいる姿を見るとすごくイライラしますよね。

 

私の同僚にも、嫌な仕事や面倒くさい仕事を見事にスルーする人がいました。

 

仕事量から考えても特別忙しくないにもかかわらず、来客や電話があると手が離せないフリをしながらモタモタして出ようとせず、結局自分ばっかり対応するはめに。

 

お給料は同じ金額なのに、自分ばっかり仕事量が増えたりと損な役回りになってしまうのです。

 

この記事では、仕事をサボってばかりの人にイライラしないための考え方をご紹介していきます。

 

細かいことに気づける人

サボっている人が目につくのは、真面目で些細なことにも気づきやい人ではないでしょうか。

 

細かいことも気になるので、人のやった仕事のミスも見つけやすく尻拭いをしてしまうこともあるかもしれません。

 

会社の中にはサボってばかりいる人のことすら、わかっていない人だっているんです。

 

細かいことに気づかない性格ならこんなにイライラすることもなくよかったのにと思うこともあるかもしれませんが、些細なことにも気づけるからこそ丁寧に仕事ができるのだと思います。

 

細やかで丁寧な仕事ができることは、あなたの強みでもあります。

 

イライラしてしまい、自分がミスをしてしまっては元も子もないです。

 

自分の仕事を淡々とこなすことに集中しましょう。

 

仕事の能力をアップすることができると考える

sigoto

仕事をサボる人と一緒に働くと自分の仕事量が格段に増えます。

 

仕事をサボる人は、少し面倒くさい仕事が入るとその場から瞬時にいなくなったりして逃げるのがうまいのです。

 

結局自分に仕事が振られてしまい仕事の配分が多くなってしまいます。

 

 

上司に相談しても何もしてくれず解決されない場合もあり、理不尽ですがその状況を諦めざるを得ないときもあるかもしれません。

 

そんな時は考え方を変えて「仕事の経験値を積めている」と前向きに思うようにしましょう。

 

いろいろな仕事を経験できたり、忙しい中でも仕事量をこなすために処理速度も格段にあがっているはずです

 

 

仕事をサボってばかりの人は今の会社だからやっていけているのであって、もし転職したとしたら新しい職場ではやっていけないでしょう。

 

スキルも仕事の能力も何も向上しないかわいそうな人だと思いましょう。

 

私はサボる人と一緒に働いたおかげで、来客や電話応対にもかなりの回数をこなしたり面倒くさい仕事にも進んで取り組んできました。

 

上司からは信頼してもらえるようになり、難しい仕事も少しづつ任せてもらえるようになりました。

 

仕事をサボってばかりいた同僚と比べてみると任される仕事に差が出るようになったと思います。

 

その経験があるからこそ、どこの会社に行っても通用するような人材になっているかもしれません。

 

先輩にかわいがってもらえる

逆の立場で考えたときに、嫌な仕事や面倒くさい仕事でも率先してやっている後輩はとてもかわいく思えませんか?

 

仕事をサボってばかりの同僚に比べて、先輩にもすごくかわいがってもらえたと思います。

 

見ている人はちゃんと見ていて評価してくれます。

 

 

しかし、もしその職場が全体的にサボるような人ばかりだと、転職を考えたほうがいいかもしれません。

 

働いている会社のスタッフ全員がそんな人たちばかりだと、その会社はいつか潰れてしまうかもしれません。

 

まとめ

真面目に働いているからこそサボってばかりいる人を見るとイライラしてストレスがたまるんですよね。

 

自分の仕事量が増え時に理不尽と思うこともあるかもしれませんが、淡々と仕事をこなすことに集中しましょう。

 

会社での信頼度もアップしていくはずです。

スポンサーリンク
仕事の関連記事
  • tuyomi-tokui
    自分の強みや得意を見つける方法を紹介します
  • 職場で信頼関係を築くには?信頼されるために大切な5つのこと。
  • saboru
    仕事をサボってばかりの人にイライラしないための考え方
  • desk-work
    事務の仕事に転職したい。事務職に必要なスキルは?
  • denwa
    会社での電話応対への苦手意識を自信に変える方法
  • office
    制服のない会社で気をつけたい、オフィスでの服装や身だしなみ
おすすめの記事
失敗した買い物から学ぶ。
シンプルライフ
ミニマル化を実践しているにもかかわらず、買い物で失敗してしまいました。 今後のためにも記録に残しておきたいとお思います。 失敗した買い物 セ...