制服のない会社で気をつけたい、オフィスでの服装や身だしなみ
スポンサーリンク

制服のない会社で勤務することになったけど、会社に何を着ていけばいいの?

 

私服勤務の会社だと毎日何を着ていけばいいのか悩みますよね。

 

スーツほどきちんとした格好をしなくてもいいけれど、来客対応などでお客様と接する機会がある場合はできるだけ失礼にならない服装を心がけたいです

 

この記事では、社会人として働く上で不快感を与えないために気をつけたい、オフィスでの服装や身だしなみについてご紹介していきます。

 

一般的にNGとされている服装

制服のない会社では基本的に「オフィスカジュアル」が服装規定になっていることが多いのではないでしょうか。

オフィスカジュアルで一般的にNGとされているものがあります。

ジーンズ

会社によってはお客さんと会うことのない内勤だけの場合、OKとされているところもあるかもしれませんが、基本的にカジュアル過ぎるジーンズはNGです。

 

ジーンズだけでなく、デニム素材の服にも注意が必要です。

露出の多い服

胸元が空きすぎていたり、短すぎるスカートにも気をつけましょう(男性社員には喜ばれるかもしれませんが)。

 

清潔感のある服は誰が見ても嫌な気持ちにならないものです。

スニーカー

スニーカーってすごく楽ですが、会社で履くにはラフすぎてしまいます。

 

どうしても通勤時はパンプスだと疲れるからスニーカーを履きたいと言う人には、職場についてからパンプスに履き替えるのがいいかもしれません。

 

好印象を持たれやすい服装

あなたが他の会社を訪問したとき、対応してくれた女性がきちんとした格好だと好感が持てますよね。

 

例えばキリッとした白シャツにシルエットのキレイなベージュのスカート。

 

少し地味に映るかもしれませんが、「信頼できる人」という印象を持ちませんか?

 

逆の立場に立って服装を選んでみましょう。

 

仕事着を「制服化」してみる

プライベートで着たい服と仕事で着なければならない服が真逆という人は、仕事着を「制服化」をすることで解決するかもしれません。

 

私は以前、プライベートではカジュアルな服装を好んでいたのに対し、会社ではそれなりにきちっとした格好をしなければなりませんでした。

 

全く正反対の服装にも関わらず、「会社にも着ていける服」を条件に私服を探していたので服選びが本当に大変でした。

 

プライベートと会社用の服。これを同じように考えたことが間違いでした。

 

ここは割り切って、会社に着ていく服を「制服化」してしまいましょう。

 

例えばトップスはシンプルなシャツ、

ボトムスはスカートでもパンツでもいいのでユニクロなどで安く購入します。

 

自分の洗濯頻度に合わせて必要な枚数用意してください。

 

会社用の「制服」として決めておけば、毎朝何を着るか悩まなくてすみますよ。

 

これでプライベートで着る服は、自分が着たいものを選べるようになりファッションを更に楽しむことができます。

 

温度調節のできる服装は便利

自分のデスクの位置によっては、夏場でも冷房が効きすぎて寒くなったり手足が冷えてしまうこともあります。

 

そんな時には羽織ものはすごくおすすめです。

 

例えばカーディガン。ちょっと肌寒く感じたら上から羽織るだけで寒さ対策ができます。

 

会社にロッカーがあれば常備しておくとすごく便利なアイテムです!

 

オフィスでの身だしなみ

季節感のある服装

プライベートでどんな格好をしても構いませんが、オフィスではできるだけ季節感を大事にしましょう

 

例えば、真冬の寒い時期に夏場に履くような薄手素材のペラペラしたスカートを履いているとします。

 

上司や年上の方が見ると「寒い」と感じる方もいるかもしれません。

 

社会人として人に不快を与えないような格好を心がけたいですね。

 

パンプスのヒール

パンプスを履いてさっそうと歩く姿かっこいいですよね。

 

ところで、ヒールのゴムの取替していますか?

 

金属が出るまですり減ったヒールは歩く時に金属の音がしてしまい、はっきり言ってみっともないです。

 

ヒールがすり減ってきたら修理に出してゴムを取り替えてもらいましょう。

 

安い靴だからとか関係ないです。

 

街の修理屋さんでも1000円もあれば修理ができます。

 

みっともないだけでなく金属が出ると滑りやすくなるのですごく危険です。

 

服のシワや毛玉

服自体にシワや毛玉があるとそれだけでだらしがない印象に見えてしまいます。

 

毛玉やシワが気にならないというこは、細かいことに気づけないいい加減な人と思われてしまうかもしれません

 

服のお手入れは丁寧にしましょう。

 

バッグの中身は整理整頓しておく

バッグの中身、整理されていますか?

 

必要なものがすぐに取り出せずに、バッグの中身をかき回すなんて社会人としては恥ずかしいです。

 

まずはカバンの中に入っている不必要なものを出して必要なものだけ持ち歩くようにしましょう。

 

香りすぎに注意

perfume

 

香水の匂いにも注意が必要です。

 

きつい香水の香り。これは私の周りの男性にも本当に不評です。

 

オフィスでは様々な人が一緒に働いているので、当然あなたが好んでつけている香水の匂いが苦手な人だっています。

 

苦手な匂いで気持ちが悪くなったり、頭が痛くなる人だっているかも。

 

匂いって自分では慣れていてあまりわからなくなりますが、他人は割と匂いに敏感です。

 

つけすぎにならないよう注意しましょう。

 

以前、食事にいったとき隣のテーブルにキレイな女性が座ったのですが、すごーーーく香水の香りがきつかったんです。

 

食事が楽しめないくらい匂いがきつく、不快な気持ちになりました。

 

食事の席での香水の香りすぎには特に注意してください。

 

せっかくのおいしいお料理が台無しになってしまいます。

 

まとめ

ここまで一般的に会社で働く上で気をつけたほうがいいと思われる服装をご紹介してきました。

 

しかし会社によって規定は様々で、会社独特のルールがある場合も。

 

勤務しながら先輩達の服装を観察して、OKな服装とNGな服装を見極めていってくださいね。

スポンサーリンク
関連キーワード
仕事の関連記事
  • tuyomi-tokui
    自分の強みや得意を見つける方法を紹介します
  • 職場で信頼関係を築くには?信頼されるために大切な5つのこと。
  • saboru
    仕事をサボってばかりの人にイライラしないための考え方
  • desk-work
    事務の仕事に転職したい。事務職に必要なスキルは?
  • denwa
    会社での電話応対への苦手意識を自信に変える方法
  • office
    制服のない会社で気をつけたい、オフィスでの服装や身だしなみ
おすすめの記事