アラサー独女が今さらミニマリストを目指す理由
スポンサーリンク

ミニマリストを目指して日々断捨離に励んでいます。

 

なぜ私がミニマリストを目指してモノを減らしているか、理由をお話したいと思います。

 

モノを減らす理由

「探す」ことに無駄な時間と労力を使いたくない

私の実家は超田舎なので一軒家のそれなりに広い家で収納場所だってたくさんありますが、モノで溢れかえっています。

 

典型的な「捨てられない」家族です。

 

実家に帰る度に「これ本当にいる?」と思い捨てたくなるのですが、家族のモノを勝手に捨てるわけにはいかないので思うだけに留めています。

 

どんなに長い間、使っていないものでも「いつか使うかも」という理由でほとんどのものが捨てられることなく置いてあります。

 

そのせいか母はいつも「あれどこに置いたかな」とか「あれがないこれがない」といつもモノを探している気がします。

 

モノが溢れかえって必要なものがどこにあるのかわからなくなっている状態。

 

いつも仕事に家事に忙しそうにしている母親ですが、それに加えてモノを探すことにも時間を使っているのです。

 

探し物をしている時間は1日にすると数分かもしれませんが、1年にしたらかなりの時間を探し物に費やすことになります。

 

ホコリが大嫌い。掃除を楽にしたい

soujiki

 

私が嫌いなもの、それはホコリ。掃除をしてもしてもどこからともなく湧いて出る憎いやつ(ホコリ)。

 

しかもそんな私が猫を飼ったものだから、ホコリに加えて猫の毛が!!!

 

気がつけばいつも掃除機かけたりコロコロをしたりしています。

 

面倒くさい掃除を簡単にするコツはものを極力置かないことです。

 

掃除機をかけるにしても床にものがあるといちいち持ち上げる作業がいりますが、床になにもなければさっと掃除機をかけることができるのです。

 

掃除がしやすい部屋づくりを目指してものを減らしていきます。

 

いつなにがおきるかわからないから、身の回りのものを整理しておきたい

生きている以上、いつ何がおきて人生終わりをむかえるかは予測ができません。

 

ここ数年で身内の不幸が続き、その都度、遺品の整理をしてきました。

 

祖父母は昔の人だったので物をたくさん持っていて、昔の洋服だって大事に着ており数百枚もタンスや押入れから出てきました。

 

もし自分の身になにか起きたとき片付けをしてくれるのは家族なのです。

 

モノが多ければ多いほど片付けをする人の負担が増えてしまうので、できるだけ負担がかからないようにしたいと思っています。

 

モノを減らすことが目的ではない

 

モノを減らすことが目的ではなく、「いかにストレスなく快適に暮らせるか」の手段なのです。

 

だから完全にベッドや机もなにもかもなくして、必要最低限で生活することが目標ではありません。

 

質の良い睡眠はとりたいし、きちんとした机で効率よく作業もしたい。猫がいるから掃除機だって必要。

 

これから自分にとってのちょうどいいを模索していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
シンプルライフの関連記事
  • chokin
    浪費癖を治すには見栄を捨てること!見栄を捨てて貯金体質になろう
  • okane
    断捨離で出た「要らないモノ」を売ってみた。全部でいくらになった?
  • 「質のいい服を長く使う」が合わなかった理由
  • 失敗した買い物から学ぶ。
  • nioi-nayami
    脇のニオイや体臭が驚くほど軽減し、長年の悩みから解放された2つの方法
  • 「残す」か「捨てる」か迷った時点でもういらないモノなんだ
おすすめの記事
失敗した買い物から学ぶ。
シンプルライフ
ミニマル化を実践しているにもかかわらず、買い物で失敗してしまいました。 今後のためにも記録に残しておきたいとお思います。 失敗した買い物 セ...