事務の仕事に転職したい。事務職に必要なスキルは?

私は以前は1日中立ちっぱなしで接客の仕事をしていましたが、事務の仕事への転職に成功しました

 

その時は「デスクワークって座ってるだけだし、事務職は誰にでもできる楽な仕事でしょ?」と、安易な考えをもって転職活動をしていました。

 

しかしデスクワークにも大変なところがありますし、事務職に必要なスキルだってあります。

 

事務職への転職を考えている人は参考にしてみてください。

 

デスクワークでつらいこと

肩こり

デスクワークって基本座りっぱなしでパソコンで作業をしています。

 

同じ姿勢で何時間も作業していると、首や肩が凝り固まってしまいます。

 

私はパソコンでキーボードを叩く姿勢をするだけで、腕の付け根が痛くて仕方なかったこともあります。

足のむくみ

長時間椅子に座っていると血行が悪くなり足がパンパンにむくみます。

 

履いていたパンプスが帰りにはすごくきつくなるんですよね。

 

むくみを放置していると、足自体が太くなってしまうことも・・・

太りやすい

デスクワークって歩くことも社内のみで、運動不足になりがちです。

 

意識して運動をしなければ運動不足になって太りやすくなってしまいます。

目が疲れる

ほぼ1日パソコンでの作業になるので、目を酷使します。

 

特にデータ入力の作業はだんだん目が霞んできたりして、データの一行ばしていたなんてことも、時々やってしまいました。

 

目の辛さを通り越すと、頭痛までしてくることもあるんですよね。

腱鞘炎

パソコンでの作業が多い場合、タイピングで腱鞘炎になる人もいます。

 

腱鞘炎になるとキーボードを打つのが本当につらいんです。

事務職に必要なスキル

地味な仕事もコツコツと進めることができる

事務のお仕事は基本的に地味です。

主な業務内容

・書類や資料作成

・データ入力

・電話応対

・来客の対応

・郵便物の管理

・ファイリング

・雑用

など、業務は多岐にわたり、事務職は言わば「縁の下の力持ち」的な立ち位置のお仕事です。

 

営業などとは違い、自分のやった仕事が数字で目に見えて評価されることはほぼありません

 

同じ作業を毎日繰り返さなければならないこともあります。

 

「優秀な成績を上げたい」

「わかりやすい数字で目標を達成したい」

 

などの野心のある人には事務職をすることは難しいです。

 

単調で地味な作業もコツコツと苦もなく進めていける人は事務職に向いています。

 

几帳面な人

事務の仕事には几帳面さが求められます。

 

請求書を作成して金額を間違えるミスをしてしまった場合、会社自体の信用を落とすことになりかねません

 

プライベートで大雑把なことは構いませんが、事務作業は丁寧な仕事が求められます。

 

「まぁいいか」で済ませられる人は、事務職には向かないかもしれません。

 

繰り返し作業が苦にならない

例えば、データ入力の作業はひたすら数字を入力しなければならず単調な作業になります。

 

しかも数字を間違えると大きなミスに繋がるため、数字の誤入力は許されません。

 

繰り返しの作業を飽きることなく、更に正確にミスなくできることは事務職には大事な素質です。

 

臨機応変に対応できる

仕事中は電話がかかってきたり、来客の対応をしなければならなかったりと一つの作業だけできることはほぼありません

 

大事なメールの返信中に急な来客対応をして、メールの返信を忘れてしまっていては仕事になりません。

 

いくつもの仕事を同時に進めていくことは当たり前です。

 

そのため仕事の重要度や急ぎの案件などを見極めて、優先順位をつけながら作業を進めなければいけません

 

マニュアルだけに頼らず、自分で考えて動くことも必要です。

 

円満な人間関係を築ける

事務の仕事は一人で黙々と作業をするイメージですが、同じ部署の人や他の部署の人ともしっかりとコミュニケーションを取れることが大事です。

 

社内の人との人間関係を円満にすることで、仕事もスムーズに進めることができます

 

 

決して全員と友達のように仲良しこよしするというわけではなく、作業を円滑に進めるには業務に支障が出ないような人付き合いをしなければいけません。

 

例えば急ぎの資料作成の作業中に、別の上司から他の急ぎの案件を頼まれたとします。

 

どちらも急ぎの案件ですので、自分でやるのではなく他の人にお願いする方がいい場合もあります。

 

円満な人間関係を築いていれば、代わりに仕事をお願いしても快く引き受けてくれたりしますよ

 

 

社内には嫌な人や苦手と感じる人もいるかもしれませんが、できるだけ円満な人間関係を築いていけるような人は事務職に限らずどんな仕事をする上でも求められる人材かもしれません

 

まとめ

事務職と言っても、業務内容は多岐にわたり会社によって仕事の内容も変わってきます。

 

この記事を読んで、事務職に向いていないと思う人もいるかもしれません。

 

しかし初めから備わっている人ばかりではありません。

 

働きながら経験を積んでどこの会社に行っても必要とされる人材になれるように、事務職に必要なスキルを身に着けていきましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード
仕事の関連記事
  • 職場で信頼関係を築くには?信頼されるために大切な5つのこと。
  • saboru
    仕事をサボってばかりの人にイライラしないための考え方
  • desk-work
    事務の仕事に転職したい。事務職に必要なスキルは?
  • denwa
    会社での電話応対への苦手意識を自信に変える方法
  • office
    制服のない会社で気をつけたい、オフィスでの服装や身だしなみ
  • 仕事でミスが多い
    仕事でミスが多い人は、意識を変えるだけでミスを減らすことができます
おすすめの記事