猫を飼うって大変!猫を飼う前に知ってほしい8のこと
スポンサーリンク

家に猫がいるとなんでもない日も幸せな気持ちにしてくれます。

 

しかし猫を飼うということは、かわいいだけでは済ませられない「大変なこと」もあります。

 

この記事では私が猫を飼ってみて「大変だな」と実感したことをご紹介していきます。

 

すべての猫ちゃんに当てはまるわけではありませんが、これから猫を飼おうか考えている人は参考にしてみてください。

 

家中が毛だらけになる

猫の可愛さはなんといってももふもふ。

 

猫が無防備に仰向けで寝ていようものなら、迷わずもふもふのお腹に顔をうずめてしまいたくなります。

 

 

しかしその可愛らしさをつくっているのはやっかいな「毛」なのです。

 

猫には夏になる前と冬になる前に「換毛期」と呼ばれる毛が生え変わる時期があり、換毛期になるとハゲないか心配になるほど大量の毛が抜けます。

 

換毛期でなくても毎日のように毛は抜けるので、毎日掃除機をかけてもコロコロをしても家中が毛だらけです。

 

服に毛がついて出かける前は必ずコロコロをしないと出かけることができないし、鼻の中に毛が入ってムズムズすることだってあります。

 

猫の毛から逃れることはできません。

 

夜中に突然走り回る

若い猫は真夜中に突然走り回ることがあります。

 

これは「猫の運動会」とも呼ばれており正式には「真空行動」と言うそうで、室内で飼われている猫が蓄えたエネルギーを発散させるための行動だとか。

 

愛猫も1歳になる頃までは夜中になると

・部屋中を走り回る

・寝ている布団の上を猛ダッシュで駆けていく

・キャットタワーの登り降りを繰り返す

など、うるさくて眠れない日々が続きました。

 

今はすでに大人になったせいか猫の運動会は月に1回あるかないかに減ってきました。

 

早朝に起こされる

 

早朝に突然猫がベッドに跳び乗ってきて起こしにやってくることがあります。

 

愛猫はとにかくグルグル言いながら前足で頭をちょいちょいと撫でるのです。

 

お腹が空いたのか、遊んでほしいのか、暇なのか、あなたの目が覚めるまでその行動は続きます。

 

睡眠不足になること間違いありません。

 

お尻にうんちをつけたまま、部屋中を歩き回る

pet_nekosuna

 

猫はすごく賢いのでトイレのしつけをしなくとも、砂があればきちんとおしっこもうんちもトイレですませてくれます。

 

愛猫も我が家に来たときから今まで粗相をすることなく、きちんとトイレで用を足してくれていますが、うんちをよくお尻につけたまま歩いていることがあります。

 

お尻の毛が結構もふもふしているのと、体質的にうんちがゆるくなってしまうことがあり、お尻にうんちがつきやすいようです。

 

お尻にうんちをつけたまま床に座ったりベッドに横になったりするので、外出先から帰宅すると毛布やシーツににうんちがついていたことも。

 

ここで「無理」と思った人は猫を飼うのを諦めてください。

 

爪とぎをする

猫は爪とぎをします。

 

用意した爪とぎで研いでくれればいいのですが、たまに部屋の壁などでガリガリすることもあります。

 

しかし爪とぎ防止の透明なシートを壁紙に貼り付けたりと工夫次第で被害をおさえることも可能です。

 

飼い主の邪魔をする

こちらが愛猫をかまいにいくとめんどくさそうな顔をするのに、私が仕事でパソコンをしたりすると「何してるの?」と言いたげによってきて邪魔をします。

 

私は今在宅で仕事をしているのですが忙しい時に限って邪魔をしてきます。

 

キーボードを踏みつけて文字を連打したり、マウスのポインターを追いかけてみたり、モニターの正面で寛いでみたり。

 

 

気が済んだらやっと自分のベッドに戻り寝始めます。

 

おとなしく寝ていると思いきや、突如可愛いポーズを取りながら誘惑してくるので写真を撮らずにはいられなくなり作業を中断させられます。

 

飼い主の邪魔をすることが猫の仕事かも。

 

jamaneko

 

部屋が猫用品に占領される

我が家は狭いワンルームですがこれだけの猫用品が部屋に置いてあります。

我が家にある猫用品

・キャットタワー

・猫ベッド(複数)

・トイレ

・餌や水

・爪とぎ

・トンネル

・キャリーケース

 

人間が生活するスペースのほうが狭いのでは?

 

病気をする

 

pet_echo_kensa_cat

猫だって人間と同じで病気をします。

 

病気をすれば病院に行かなければならないこともあり、病気にもよりますが治療費に1万円くらいかかることだってあります。

 

▼愛猫が膀胱炎になったときの記事はこちら

pet_byouki_cat
愛猫が膀胱炎になり病院へ。飼育環境を見直して改善しました
2019.4.2
愛猫が膀胱炎になってしまいました。 猫は泌尿器系の病気になりやすいと聞いていたので、毎日おしっこの確認はしているつもりでしたが・・・。 愛猫の様子がおかしいので、動物病院に行く ある日、愛猫が3時...

 

若いうちは比較的病院に行く機会は少ないかもしれませんが年をとると病院に行く頻度も増えるかもしれません。

 

病院に連れていくお金を惜しまないでください。

 

でも死ぬほどかわいいよ

このように猫を飼うってすごく大変なんです。

 

猫を飼う前に本当に最後まで飼えるのか考えてみてください。

 

でもそれ以上にかわいくてかわいくて仕方のない存在であることは間違いありません。

 

愛猫のためならなんでもできる!!

 

最後まで読んでみてそれでも「猫を飼いたい」と思った人は、責任持って猫ちゃんを幸せにしてあげてください。

 

スポンサーリンク
猫と暮らすの関連記事
  • taihen
    猫を飼うって大変!猫を飼う前に知ってほしい8のこと
  • pet_byouki_cat
    愛猫が膀胱炎になり病院へ。飼育環境を見直して改善しました
  • rusuban
    旅行中の猫のお世話はどうするの?ペットシッターを利用した感想
  • kisei
    猫と一緒に帰省。新幹線や電車に乗るときに気をつけるポイント
  • 一人暮らしのワンルームで猫を飼うために、大切なこと
  • 猫のウンチが臭いときに実践してほしい、3つの対策
おすすめの記事