「捨てられない人」と暮らして感じた、モノが多いことのデメリット
スポンサーリンク

長年一人暮らしをしていた私が、同棲という形で人と一緒に暮らすことになりました。

 

同居人は服やタオル・食器などなんでもたくさん所有していて、捨てることや片付けることが苦手のよう。

 

わたしがミニマル化を実践している半ばでの「モノが多い人」と暮らすことになり、改めてモノが多いことに感じたデメリットを紹介していきます。

 

モノが多いことのデメリット

探しものをするのに時間がかかる

モノが多すぎると整理整頓するのも一苦労です。

 

整理や収納が好きな人でなければこんなにたくさんのモノを片付けて収納することは難易度が高すぎます。

 

もちろん同居人もどこに何があるか自分でもわからず、「確かここにあったはず」といつも探しものをしている状態。

 

わたしは探しものをする時間が一番無駄だと思っています。

 

無くしものが多い

モノが管理できないと無くしものが多くなります。

 

また買えるものだったら替えがきくのですが

  • 限定品ですでに売っていない
  • 手作りなどの売り物ではない

 

など二度と手に入らないものや思い出の品を無くしてしまうことも。

 

同居人もあれがない、これがないとよく言っています。

 

同じものを買ってしまうからお金の無駄

どこに何があるかわからず探しても見つからないと、新しく同じものを買ってしまうことになるようです。

 

同居人も爪切りや薬など同じものがいくつもあります。薬なんて使用期限が切れて新品の状態で残っています。

 

一つ一つは高いものではないけれど、全て合わせたらなかなかの金額になるはずです。

 

掃除が億劫になり汚部屋になる

モノが多いと収納家具に入りきらないのでモノを床に置く傾向になります。

 

床にモノを置いておくと掃除が大変です。

 

一個一個持ち上げては掃除機をかけることがストレスになり掃除をするのが億劫になり、そして汚い部屋になっていくのです。

 

把握できる数だけ所有する

わたしは基本的に把握できる数しか持たないと決めています。

 

自分で把握できるモノ以上を所有していると、自分が持っているのかどうかわからず同じモノ買ってしまいまたモノが増えていくのです。

 

部屋が片付かないしお金の無駄遣いにもなります。

 

とはいえ、人のモノを勝手に捨てるわけにはいきません。

 

これから人と暮らしながらどうやってミニマル化を実践していけるか試行錯誤していくことになりそうです。

 

スポンサーリンク
シンプルライフの関連記事
  • 「捨てられない人」と暮らして感じた、モノが多いことのデメリット
  • chokin
    浪費癖を治すには見栄を捨てること!見栄を捨てて貯金体質になろう
  • okane
    断捨離で出た「要らないモノ」を売ってみた。全部でいくらになった?
  • 「質のいい服を長く使う」が合わなかった理由
  • 失敗した買い物から学ぶ。
  • nioi-nayami
    脇のニオイや体臭が驚くほど軽減し、長年の悩みから解放された2つの方法
おすすめの記事
失敗した買い物から学ぶ。
シンプルライフ
ミニマル化を実践しているにもかかわらず、買い物で失敗してしまいました。 今後のためにも記録に残しておきたいとお思います。 失敗した買い物 セ...